パートナーを傷つけずに済むなら誰もが不倫してみたい!?

不倫をしている人はいても、そのことを家族や友人に話す人はほとんどいないのではないでしょうか?
ほとんどと言うのは、中には、夫婦公認でお互いに不倫をしているような場合もあるからです。
でも、それはめったにないケースではないかと思います。
普通、不倫は人知れずこっそり行われるものです。
そのため、あまり良いイメージがないのも事実でしょう。
では、ほとんどの人は本当に不倫に反対なのでしょうか?
本当に反対なら、不倫をする人はいなくなるのではないかと思われますが、実際に、不倫という行為は古今東西を問わず、行われているようです。
それはなぜなのでしょう?
不倫に対して反対なのかどうかは、実は質問によっても答えが違ってくるのではないでしょうか?
不倫が反対というときは、通常、自分のパートナーが自分に内緒で不倫をすることを想定していると思います。
では、不倫をするのが自分なら?
もちろんは、パートナーを愛しているから不倫は絶対しないという人もいることでしょう。
パートナーを傷つけたくないから不倫はしたくない、という人の場合、本音では不倫をしてみたいけれど、パートナーのことを考えて不倫をしないということになります。
ですから、本当に不倫はしたくない、というわけではないかもしれませんね。
もし、パートナーを傷つけずに、不倫できるなら、不倫してみたい!
そう考える人も少なくないのではないでしょうか?
だからこそ、不倫をする人は、たいていひっそりと不倫をすることになるのでしょう。
不倫をしてみたい人はたくさんいるから、そのため、秘かに人気になっているのが不倫サイトなのではないでしょうか?
堂々と知人と不倫されたら嫌ですが、ネットを通した相手との不倫なら?
もちろん、多くの場合、相手には不倫されたくない、というのが本音であり、自分自身はできることなら不倫をしてみたい、という人も少なくないでしょう。
ドラマでも不倫をテーマにした番組が多く、人気があるのは、本来、不倫をしてみたいと考える人が多いと言うことの裏付けなのかもしれませんね。

リスクを減らして不倫相手を探すなら、不倫サイトが便利

日本でも不倫願望がある人は少なくないと言われています。
ただ、願望があっても、即、不倫ができるわけではありません。
職場で不倫相手を探したなら、大問題になってしまうこともあるでしょう。
大切な仕事も失ってしまうかもしれません。
人生をかけたような、あまりにも大きなリスクを冒すのであれば、いくら不倫願望があったとしても、あえて冒険したいとは思いませんよね?
危険なことを避けて不倫する方法はないのでしょうか?
さて、不倫相手を探すのであれば、しがらみの少ないネットで相手を探すのが安全です。
たとえば出会い系サイトなどを利用して、積極的に不倫の相手を探す人もいるようです。
ただ、出会い系サイトの場合、不倫目的で相手を探している人ばかりではありません。
最近では独身者の場合でも、出会いの機会が少なくなってきているため、出会い系サイトを利用して、真剣に相手を探す人が多いのです。
そうなると、こちらが不倫目的であっても、相手に理解されないという場合も考えられるのではないでしょうか?
最初から不倫目的だったことを相手が承知の上で理解していたとしても、恋に盲目になってしまえば、途中から気が変わってしまうということもあるかもしれません。
やはりお互い、同じ目的を持った相手を探すのが安心なのです。
では、どうすれば同じ目的を持った相手を探せるのかというと、それは最初から不倫サイトを利用するということではないでしょうか?
不倫サイトはどんな人が利用しているかというと明らかに不倫目的の人ということになります。
ですから、考え方、価値観などが似ている場合も多いのです。
一方だけが、燃え上がってしまい、片方の気持ちを考えずに行動を起こすといったことも少なくなるでしょう。
おそらく同じ条件であれば、お互いを思いやる気持ちを持つことができますし、たとえ連絡がつかないような場合でも、事情を理解して、連絡を待つことができるのです。

不倫サイトは割り切った関係を実現するのに適している

不倫を一度はしてみたい、そんな願望を持っている人は男女ともに少なくないのではないでしょうか?
ただ、不倫相手を自由に周囲の人の中から探せば、まず間違いなく問題になってしまうことでしょう。
好きになった相手との関係が、まさか不倫だなんて思ってもみなかったのに、本気になったところで、「実は僕には妻がいる」…そんな事実を知らされたら、かなりつらい思いをするのではないでしょうか?
ドラマではよくあるパターンですよね?
そういうイメージがあるせいか、実際、不倫は人を傷つけるもの、つらい関係であると考える人も少なくないようです。
でも、最初からお互いが不倫であることを知っている関係だったら?
出会い系サイトでは、不倫目的で相手を探す人もいるようです。
ただ、出会い系サイトを利用している人の目的が遊びや不倫などの割り切った関係ではなく、真剣に恋人を探している場合も多いことを考えると出会い系サイトではなく、もっと別なサイトを利用したいと思われるのではないでしょうか?
その目的を実現させてくれるのが不倫サイトです。
日本では、不倫サイトは、また、それ程、有名ではないようですが、海外では積極的に利用している人も多いのです。
そういった不倫サイトの中でも会員数が100万人以上を誇る大規模サイトがアシュレイマディソンというカナダのサイトです。
アシュレイマディソンは、カナダだけではなく、複数の国々に登録者がいます。
もちろん、そのような海外の不倫サイトを利用してみるのも良いでしょう。
アシュレイマディソンは日本に上陸して、すぐに、登録者の数が10万人を超えたと言われているサイトです。
その事実は、日本の場合も、割り切った関係を楽しみたいと考える人が少なくない、ということを示しているようです。

不倫目的なら不倫サイトがおすすめ

出会い系サイトを利用している人の中には、恋人募集などの出会いだけではなく、ちょっとした遊び相手や、既婚者ではあるけれど、もっと別な異性との関係を望んで登録している人も多いことでしょう。
たとえば不倫相手限定の場合、出会い系サイトに登録する方法以外にもも、不倫サイトを利用する方法が考えられます。
もちろん、出会い系サイトでも良いのですが、自分が不倫目的で良いと思った相手が恋人を募集している場合など、かえって面倒になってしまうこともあるでしょう。
お互いの目的が一致していなければ、一見、理想的と思える相手でも結局は時間の無駄になってしまうかもしれません。
ですから、最初から同じ目的の人を探すのが簡単なのです。
出会い系サイトには、不倫が目的で登録している人もたくさんいるというのは事実です。
ですが、時間や手間を省くのであれば、不倫サイトを利用すると良いでしょう。
不倫サイトを探す場合は、やはり大手のサイトを探すと良いでしょう。
大手不倫サイトには、たくさんの人が登録しています。
大手サイトや有名なサイトの場合、トラブルも少なくなるでしょう。
そして、実際に利用する前に口コミ情報サイトなどでよく調べてから利用するということをおすすめします。
口コミで人気の高いサイトは、比較的安心できるサイトであると言えるからです。
反対に、全く名前の知られていないようなサイトは避けた方が良いかもしれません。
ところで、不倫情報サイトは国内にだけあるのではありません。
実はとても充実しているのが海外サイトです。
海外サイトの中でも大手サイトの場合、とてつもなく大規模なサイトで、たとえ利用しなくても、閲覧してみると良いと思います。

不倫サイトを利用した時の履歴は消しておいた方が安心!

不倫をしたくて出会い系サイトを利用している!
出会い系サイトを利用する目的は、人それぞれ色々ですから、きっと不倫目的の人もたくさんいることと思います。
統計的には、出会い系サイト利用者のうち、どのくらいの比率が不倫希望なのか、はっきりとしたことはわかりませんが、その数は少なくないでしょう。
ですが、出会い系サイトには、一方で恋人募集の人や本気で結婚相手を探している人などもいますから、最初から不倫目的なのであれば、時間や努力を要する場合もあります。
また、出会い系サイトには必ずといって良いくらい、サクラがいますよね?
サクラが多いサイトを利用してしまうと、不倫という目的を達するのが難しくなってしまうでしょう。
そこで、おすすめなのが、最初から不倫サイトを利用するということです。
不倫サイトを利用すれば利用しているのは、ほとんど不倫希望者ということになりますから、目的を達するまでの時間が短くなるのです。
現在、数々の不倫サイトが存在しています。
特に有名で大規模なサイトは海外のサイトが多くなってしまいますが、日本のサイトも増えてきていると言われています。
海外サイトだけでは、日本人には使いづらかったり、合わない、といった理由から日本のサイトも増えてきているのでしょう。
ニーズがあるサイトは増えていくものです。
ただ、不倫サイトを利用するときには注意しなければならないことが多いというのも事実でしょう。
というのも、パソコンを自分だけで利用しているのなら問題ありませんが、家族で同じパソコンを利用している場合も多いからです。
家族で利用している場合、うっかり履歴などを残してしまうと、不倫していることに気付かれてしまいます。
ですから、夫婦円満のまま不倫を希望するのであれば、必ず利用後は履歴を消す、できればキャッシュまで消すようにすると良いでしょう。

不倫サイトを利用して前向きに不倫を楽しむ!

不倫に対してあまり良くないイメージを持っているという人は少なくないでしょう。
不倫がテーマになっている歌謡曲も少なからず存在するようで、人に後ろ指を指されながら、それでも自分の感情を抑えられることのできない恋愛の形、といった印象があり、あまり不倫に対しては明るいイメージがないように思われます。
不倫というのは、そんなに重いものか?
海外の不倫サイトなどを目にすると、一度にそんな思いが吹き飛ばされてしまうようです。
たとえば、カナダの有名な不倫サイトの中に、「アシュレイマディソン」といったサイトがありますが、そのサイトをのぞけば、不倫に対して肯定的なイメージさえ持ってしまいそうです。
日本でも最近注目を浴びてきていますから、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
一夫一婦制だから、不倫はいけないもの、心の中ではそう思っても、実際、世界中、不倫というものがなくなることはないのですから、いけないとは思っても、いえ、むしろそういった面があるからこそ、どうしても不倫にひかれてしまうという人は少なくないでしょう。
不倫には不思議な魅力があります。
また、古くから日本の歌謡曲の中のテーマで歌われているような不倫だけが不倫なのではありません。
不倫サイトなどを利用している人達の場合、パートナー以外ともセックスをしたい、もっと色々な関係を楽しみたい、そういった意識を持った人が多く、また、不倫サイトを利用したおかげで、パートナーと離婚せずに済んだと感謝しているような人も多いと言われています。
日本では陰では楽しむことがあっても、堂々と楽しむことは、若干憚れるのが性的な快楽ですが、不倫サイトを利用して、もっと性的に充実感を得たいと考える人も増えているようです。
妻のことは愛しているけれど、妻とのセックスだけでは物足りない、また、その反対の状況もあり、不倫をする人が増えているというわけです。
そこには、重々しい不倫というイメージはもはやなく、不倫サイトには、前向きにセックスライフを楽しみたいという人たちばかりが集まっているようにさえ思えるのです。

不倫サイトを利用することで、不倫をもっと前向きに考えてみる!

夫婦間で問題が生じた場合、つい別の異性に弱みを見せてしまったときなどに予期せずして不倫の関係に陥る…不倫と言えば、そんな印象があるのではないでしょうか?
ドラマだけではなく、現実でもそういったことは少なくないようです。
既婚者にも関わらず、予期せずしてパートナー以外の異性を好きになってしまう、というのが不倫の典型的なパターンではないかと思うのですが、夫婦間に問題があるような場合は、本当は予期せずしてというのではなく、心の片隅には不倫を望む気持ちがあったとは言えないでしょうか?
もちろん、不倫というのはパートナーとの間に問題があるときだけに起こることではありません。
パートナーを心から愛してい考えられるてもセックスの点で満たされないような場合はどうでしょうか?
その満たされない欲望をパートナーとの間だけで解決しようとすれば、平衡を保っていた関係が壊れることさえあるでしょう。
愛しているから不倫などできない。
それは真実でしょうか?
パートナーのことを愛しているから相手を傷つけたくないから不倫したい気持ちを無理に抑えているというのが本音ではないでしょうか?
もし、傷つけることなく、別な相手とセックスを楽しむことができるのなら?
そういう前提があれば、多くの人が不倫願望を抱えているのではないかと思います。
そのように不倫をマイナスの面からだけ考えるのではなく、プラス思考で考える人達が利用しているのが不倫サイトではないでしょうか?
不倫サイトは、日本ではそれ程お馴染みではないかもしれませんが、海外には、アシュレイマディソンのように大規模なサイトがあり、その登録者の数は世界で何百万人とも言われています。
アシュレイマディソンで不倫相手を探している人たちの多くは不倫というものをプラス思考で考え、もちろん悪い面はあるかもしれないけれど、良い面もたくさんある、という風に捉えているのです。
たとえば良い面の一例をあげれば、、不倫サイトの利用者の中には、夫婦間のトラブルを夫婦の中だけで解決するのではなく、不倫することで、夫婦間の危機を乗り越えたという人もいるようです。

不倫だってもっとポシティブに!

不倫は絶対的にいけないこと、そう考える人が少しずつ減ってきていると言われています。
おそらく現在では、インターネット等で、他の人はどう考えているのか、実際にはどうなのか、そういった情報を集めやすい環境に変わってきているため、不倫に対する考え方も少しずつ変化してきているのではないでしょうか?
とは言え、親兄弟、友人に気楽に不倫願望について話せる程、オープンな社会ではないでしょう。
不倫に対する興味はある、もっと自由に色々な人と性的な関係を持ちたい、そう考える人は少なくても、オープンに相手を探すことはできない、そういった理由からネットの不倫サイトを利用する人が増えてきているようです。
不倫サイトと言えば、海外サイトというイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか?
大手の有名なサイト、たとえば、「アシュレイマディソン」のような有名サイトになると、海外のサイトが多いのですが、日本にも不倫サイトは存在していますし、日本のサイトの方が日本人には使いやすいかもしれませんね。
いずれにしろ、不倫目的で登録している人ばかりですから、不倫が目的で利用するのであれば、不倫サイトを利用するのが良いでしょう。
もちろん、出会い系サイトのようなサイトでも不倫相手を見つけることはできますが、出会い系サイトの場合、登録者の目的は色々ですから、すぐに自分の目的にあった相手を見つけたいというのであれば、最初から不倫サイトを利用するのがおすすめです。
通常、不倫の話をすると、他人から非難されたりするような場合もありますが、不倫サイトで出会った相手なら、皆、目的が同じなので、不倫目的だからといって、避難されるようなことはありません。
ポシティブに不倫相手を探している人ばかりなのです。

不倫は文化だ!

海外での不倫

ある俳優の「不倫は文化だ」というセリフは、20年ほど経った今でもしばしば取り上げられることもあるほどショッキングなものでした。
彼は当時、マスコミだけでなく世間からも非常なるバッシングを受け一時は俳優生命さえ危ぶまれる事態となったのですが、これが海外ならこんなに大ごとにはならなかったかもしれません。
もちろん不倫は外国でもご法度ですが、不倫を取り巻く環境はいささか異なるようだからです。
その例の一つが、不倫サイトです。

規模が違う

最近日本でも不倫相手を見つけるためのツールとして不倫サイトが人気ですが、海外のそれは規模が違います。
カナダが発祥の「アシュレイマディソン」という不倫サイトの会員数は、実に現在2、200万人を超えているとされ世界トップクラスです。
最近日本にも上陸したので、利用している人もいるのではないでしょうか。
日本にも100万人を超える出会い系サイトはありますが、出会い系サイトの利用者の目的はさまざまな上、不倫相手を探すことだけが目的の不倫サイトとなるとそんなに多くの会員数は抱えていません。
まあ日本にアシュレイマディソンクラスの不倫サイトが存在したなら、日本国民が5人にひとりの割合で不倫をしていることになってしまうので困ってしまいますが…。
とはいえ、「不倫は文化だ」のセリフとともに日本の不倫サイトも世界へ発信すれば面白いと思いますよ。

愛情よりセックス!そんな方は不倫

不倫に対する考え方

世の中の常識や認識の変化に伴い、不倫に対する考え方も以前とは異なってきたようです。
昔の不倫といえば、好きあった者同士でありながらパートナーの存在により一緒になれないために「敢えて」不倫という関係で思いを育むといったふうに、それぞれの間に愛がありました。
ところが現在の不倫は必ずしもそうではありません。
ただセックスをするために不倫をする、いってみれば「セフレ」のような関係が現在の不倫の主流なのです。
昔不倫をする男性は、妻よりも不倫相手のことを愛しているがゆえに不倫関係に走ったものです。
でも今は、妻に対する愛情はあるけれども不倫相手とのセックスを楽しみたいというのが不倫をする理由なのです。
愛情はちゃんと妻に持っていてただ他の人とセックスを楽しんでいるだけだからと、不倫をしていることに罪悪感もないのが特徴的といえるでしょう。
とはいえ妻にすれば不倫は不倫、そんな理屈は言い訳にしか過ぎません。
だから不倫という夫の裏切り行為に対して、それがバレた時には修羅場となるのは昔と同じです。

男も女も

昔は不倫や浮気というのは男性の「専売特許」的な様子がありました。
しかし「男女平等」という社会の流れに合わしたものではないと思いますが、現在では不倫に走る女性も増えています。
これも男性と同様に、相手に対する愛情よりもセックスを楽しむことが目的というケースが多く見られます。
妻が不倫に走る理由として、夫から女性として見てもらえなくなった寂しさから他人にそれを求めるというケースも少なくありません。
必ずしも妻が不倫サイトなどに登録して不倫をするのは夫にその原因の一端があるとはいいませんが、少なくともその可能性は否定できないことを世の中の男性諸氏は念頭においておくべきでしょう。

誰でも断られた経験ぐらいあるので気にしない

多くの男性が出会アプリであっても、断られてしまうことを心配しているようです。
もちろん普通に女性から断られるよりは、出会アプリの中ですから気にしない人もいますが、やはり不安に思う気持ちも分かります。
最初はいい感じでメール交換をしていても、そのまま関係が進んでいくとは限りません。
いきなり連絡が途絶えることもありますし、それは原因がはっきりしていないことも多いのです。
もちろん自分から会いたいという気持を伝えたことで、相手が距離をとろうとすることが多いでしょう。
ですが、失敗を心配していることで、結果的に進展しなければ意味がないのです。
出会アプリという場所なのですから、会いたいという気持を伝えてもおかしな事ではありません。
単にメル友で満足できるのであればそれでもいいのですが、やはり会うことを求めて利用しているのではないでしょうか。
実際に出会アプリの中では、こうやって会うことを持ち出した結果、連絡が途絶えることもあります。
ただ、出会アプリという場所では、こうやって失敗を繰り返している人がたくさんいるのです。
何も珍しいことではなく、普通のことだと思ってもいいぐらいなのです。
ですから、断られることを恐れて、そのままメル友を続ける必要などないのです。
相手のことが気に入ったのであれば、まずは誘ってみればいいのです。
もちろん駄目だった場合にも、その後もメル友としてやりとりが続くこともあります。
ただ、出会いを求めているのであれば、メル友を増やすことではなく、直接会える相手を探す努力をしていった方がいいのではないでしょうか。
相手を誘うきっかけが欲しい場合には、趣味を理由に誘ってみるのもいいかもしれません。
ラインのように気軽にやりとりが出来るものもありますが、やはりそこでも誘っても断られることはあるのです。
ラインは気軽に誘いやすい雰囲気もありますが、それだけに簡単に断られることも多いのです。
どういったサービスを利用するにしても、まずは誘うという行動を起こすことが重要になってくるのです。

コツを掴めばそんなに難しくはない

出会い系サイトを利用しても出会いがみつけられないという人は意外に多いものですね。
あなたが男性であれば、難易度は更に上がってしまうでしょう。
数多くの男声を女声が選ぶという構造になっているのが出会い系サイトですから、男性の競争率というのは、半端ではありませんよ。
しかし、出会いを見つけられ内弾性の共通点は、ズバリ!
出会いのコツを知らないからです。
私の友達の人の話をすると、彼は1つの際だけで、飲み友達や趣味とも、恋人まで作っています。
こんなに色々な種類の出会いを、簡単に作ってしまうのですから、出会い系サイトのプロでしょ(笑)。
彼の使うサイトは、完全無料の出会い系サイトですから、出会いに一銭もかけていません。
無料出会い系サイトでは会えないと言われていますが、実際に有っている人がそばにいると、そんな話は嘘だって断言できますね。
渡しがある時「なんでそんなに出会いを成功で生きるの?」尋ねたことがあったんです。
すると「特別難しいことはしてないよ!」と意図も簡単に答えたのでちょっとムットしました。
彼がいうには、まずプロフィールをしっかりと書き込むということです。
そしてファーストメールは女性の印象に残るような内容にすることだそうです。
その時にプロフィールが効いてくるといいます。
またメール交換が始まったら焦らずに会話を楽しむ。
これだけであの成功率をたたき出しているというのです。
これだけで出会いが成功するのか、私自身試してみると、以前より会える率が上がったように思います。
みなさんも会えなくて悩んでいるなら、試してみるといいですよ。

リスクがあっても浮気をしたい理由は

浮気というのは、言うまでもなくリスクがつきまといます。
パートナーにバレてしまえば、離婚は避けられないでしょうし、もちろん慰謝料も請求されてしまいます。
それだけでなく、会社に知られてしまえば職を失う可能性もありますし、大切な友人を失うことにもなりかねないのです。
それほどのリスクがあるにも関わらず、それでも浮気をしたいという人も多いわけです。
やっぱり、人間というのはどうしても欲望が限界に達してしまうと、我慢をすることができなくなるのです。
性欲を満たしたい、別の異性と付き合いたい、その願望が頂点に達した時に、理性を保てなくなく浮気に手を出してしまうのです。
どれだけリスクがあろうが、どれだけ危険なことだと分かっていようが、欲望を満たしたいがために、浮気をしたいと思ってしまうのです。
こればっかりは、人間である以上はどうしようもないことなのです。
もちろん、浮気をしてしまった以上は、できる限りバレないようにしないといけませんし、穏便な日々を過ごせるに越したことはありません。
現に、バレることなく浮気関係を続けて、十分に満足できたというケースも多いのです。
特に最近では、大阪専用浮気出会いサイトを活用して、浮気相手をこっそりと探す人も増えています。
昔のように、最初から最後までリアルでやる必要はなく、ある程度の段階まではネットで事を済ますことができるのです。
それを考えれば、昔に比べれば浮気は比較的やりやすい環境になったと言えるかもしれません。
もちろん、それでもバレる時はバレるわけですから、その時は全てを失う覚悟をしなければなりません。
もっとも、本来浮気というのは、絶対にダメなことだと一概には言えないのです。
一人の人間しか好きになってはいけないというルールもおかしいですし、いろんな人間を好きになるのは当たり前のことですから。
もしかしたら、今後浮気に対する見方が変わってくるかもしれませんし、合法とまではいかなくても、浮気をしてもそこまで咎められない世の中になる可能性はあります。

セフレに適しているのは元カノ

簡単にセフレになりやすいのが元カノ。
何しろ、元カノであれば、好きなセックスの体位やプレイまで把握していることも多いのです。
いくら別れたとは言っても、憎みあって別れた仲でなければ、セフレになりやすいと言えるでしょう。
元カノなら、セフレとしてのハードルも、かなり低いのではないでしょうか?
何しろ、セフレが欲しいけれど、一からセフレを探すのは面倒ということもあります。
セフレを探すには、どうしてもある程度の努力が必要となってしまいます。
その点、元カノなら、久しぶりに会わない?なんて誘ってみて、その結果、セックスという展開も不自然ではありません。
つまり、元カノがたくさんいる方が、セフレを作りやすい!
ということになるようですね。
何しろ、女性だって、男性と同様、セフレが欲しいと思っている可能性も高いのです。
でも、女性の場合、男性と比べてセフレを作るのが難しいのですよね。
まず、全く知らない相手とセフレになろうとしても、軽い女性と思われてしまう可能性が高いようです。
次に、女性は、いくらセフレになりたいとは言え、知らない相手といきなりセックス!
というのは、なかなか難しいのです。
なぜなら、女性は男性と違って、妊娠する可能性が否定できないため、信用できない相手と、いきなりセックスするのは、イヤなのですね。
そのため、信用できる相手以外には、どうしても警戒してしまうのです。
本能とも言えるものなのでしょう。
全く知らない相手と、次から次へとセックスというのは、女性の立場からすると難しいのです。
ですから、たとえ別れた相手とは言え、知っている、しかも過去にセックスの関係にまでなっている男性の方がセフレになりやすいのですね。

セフレと長く関係を続けるコツ

セフレと実際に出会う事が出来、相性もよさそうであれば次に考えるのが、以下にその相手と長く続けるか、でしょう。
相性のいい相手と出会うのには大変な苦労があったでしょうから、すぐに関係が切れてしまってはもったいないですよね。
一番最初はいろんなセフレとセックスしている人でも緊張してしまう事はあるでしょうし、セフレをほとんど作ったことない人はなおさらですから上手くいかないなんてこともあり得ます。
しかし、それは回数を重ねれば慣れてきて満足することが出来るでしょう。
そして、回数を重ねるという事はお互いの身体の事をより知ることになりますから、より相手を満足させることが出来るということにもつながります。
つまり、セフレは長く続ければ続けるほどより理想的な相手に近づくことが出来るのです。
そのためには、どうやってセフレを長く続けるかですが、もちろん相手によってその方法は違います。
例えば、主婦であればセックスしたいときだけ最低限のやり取りをするだけで基本的にはしない、というようにすれば長く続けることは難しくありませんし、若い独身女性であれば疑似的な恋人関係のような付き合いをすることで長く続かせることが出来ます。
ただ、やりすぎると本当の恋人関係になってしまいかねません。
お互いがそれでも問題ないのであれば構わないのですが、あくまでセフレと割り切りたいときは多少の気遣い程度に留めておく方が無難です。
また、特に男性の場合は性欲がたまっていると独りよがりなセックスになりがちです。
そこを気をつけるだけでも関係を長く続けることが出来ます。
要するに、一言で言うなら「相手を気遣う」これがセフレ関係を長く続かせるためのコツです。