夫婦関係を維持するために、不輪が必要?

夫婦の関係で、必ずしも性的感性が一致している必要があるでしょうか?
おそらく、日本の夫婦の間では、それ程、セックスの関係を重視していない場合も多いのではないかと思います。
海外では?

セックスレスが理由で離婚に至る場合も、お国によってはあるというのですから、セックスも大問題なのです。
夫婦の間で重要なのは「価値観」なんていう意見もよく聞かれるようですが、だからと言って、価値観だけがすべてではないですよね?
夫婦の間では価値観が重要であっても、生きていく上では他のことも必要になることがあります。
欲望だって、とても大切なことなのです。
セックスなどの欲望もそうではないでしょうか?

でも、夫婦の間でセックスへの欲望を満たすことができないというのであれば、いったい、どこで満たせば良いのでしょう?
実際、そういった悩みを解消するために、不輪サイトを利用する人もいると言われています。
パートナーへの愛情がないから不輪サイトを利用するわけではなく、パートナーへの愛情を維持したいからこそ、不輪して性欲を満たす、そういった考えを持つ人達も少なくないのですね。
そうなると、セックスフレンドを持つこととの違いは?

…と言われれば、確かにその境界線は曖昧なものかもしれません。
割り切った関係といった点では同じでしょう。
身の周りの相手と不輪してしまうと、泥沼化してしまう場合も多く、いくら割り切ろうと思っても、しがらみなどによって割り切れない場合があるのではないでしょうか?

その点、不輪サイトを利用している相手なら、相手も目的は不輪ですから、人間関係のしがらみに悩まされることはないでしょう。
もはや、不輪には過去から引き継いできたようなイメージはなく、不輪サイトを利用する人達の中には人生やパートナーとの関係を前向きに考える人がたくさんいるようです。
誰でにでも不輪願望はある?一度くらいは不輪してみたい?

不輪に対して、どのようにお考えでしょうか?
おそらく、多くの方は、「不輪はすべてきではない」と答えられるのではないでしょうか?
親しい友人間であっても「、自分は不輪賛成派である」とは、なかなか答えにくいでしょう。
日本では、不輪というのは、あまり良いイメージがありません。

もちろん、日本だけではなく、不輪を明らかに肯定する人は少ないのではないでしょうか?
ですが、実際、不輪する人は少ないのかというと、そんなことはありませんよね?
不輪肯定であろうとなかろうと、実際に不輪に陥ってしまう人はたくさんいます。
相手のパートナーにばれてしまい、泥沼化してしまうようなこともあれば、気づかれないまま、自然に終わってしまうこともあるでしょう。

そんなに多いのですから、不輪はある意味、自然な愛の形なのではないでしょか?
ところで、カナダではある不輪サイトが大規模化し、人気になっているということです。
アシュレイマディソンというサイトなのですが、カナダ以外の国にも定着しつつあるようです。
アシュレイマディソンの場合、数前万人の登録者数と言われている位、かなり大規模なサイです。
そのキャッチコピーが「人生一度。不輪をしましょう」というのですから、暗いイメージなど、全くありません。
完全に不輪を推奨しているかのようです。
ところで、日本でのサービスが開始されてから、わずか数か月で、100万人の会員数に至ったとも言われています。
すごいことですよね?
本当なら、日本でも不輪に興味ある人や人生一度は不輪してみたいと感じている人が少なくないということを証明していることになるのではないでしょうか?

「不輪はいかなる場合でも、絶対いけない行為である」と、余程、きっぱりと言い切れる人でなければ、誰でも心の片隅に不輪をしてみたいという不輪願望を持っているのかもしれませんね。