不輪はいけないの?

不輪は非常識
世間一般の考え方では、不輪はいけないこととなっています。
「不輪をするヤツは常識がない」とか「いけないことをするなんて最低だ」と思っている人がほとんどでしょう。
しかし、その「いけないこと」をしている人はたくさんいます。
世間の考え方からすると不輪をしている人たちは社会的常識がないということなので、世の中は非常識人間で溢れかえってしまうでしょう。
でも、不輪をしている人たちに「あなたの不輪相手は非常識ですか?」と訊ねたなら、きっと大半は首を横に振るに違いありません。
不輪は社会的に受け入れられてはいないのですから、家族や周りにバレることはNGです。
したがって、それを隠すためにさまざまなルールや決まりごとを守らなければなりません。
たとえば、絶対に誰にも話さない、家にいるような時間にたとえメールでも連絡を取らない、人目のあるところでベタベタしないなどなど…。
それらの「常識」が守れない人は、不輪をしてはいけないのです。

本当の夫婦とは
不輪をする人たちは、いってみれば「自分に正直」であるのかもしれません。
パートナーに満足できない、愛してもらえない、だから満足させてくれる人や愛してくれる人を求め不輪に走るのです。
もし不輪がパートナーの公認で何のペナルティもないとなれば、不輪をする人が今以上に増えることは容易に想像がつきます。
不輪はいけないことといいながらも、それが世間で問題ないとされるのであればやってみたいと考えている人は決して珍しくないはずです。

世の中には「仮面夫婦」という心の通っていないかたちだけの夫婦は少なくありませんし、妻や子供に暴力を振るう夫もたくさんいます。
不輪をしていても、それによりストレスが解消されパートナーのことを愛し夫婦円満ならば、それもひとつの夫婦のあり方ではないでしょうか。

不輪は本当にいけないこと?試してみたことはありますか?

不輪するのは、本当にいけないことなのかどうか?
不輪をしてみたことがなければ、不輪が本当にどういう結果を生み出すのか、想像すらできないでしょう。
では、不輪してみたいと考えたことがある人はほとんどいないのかと言えば、そんなこともないのではないでしょうか?
不輪してみたいけれど、周りの目などが気になって、不輪することができなかったという経験がある人は少なくないでしょう。
ところで、不輪してみたいという人達に多く利用されているサイトがあることをご存じでしょうか?
例えば、海外サイトになりますが、アシュレイマディソンのような、たくさんの不輪希望者に利用されているサイトが注目を浴びてきているようです。

アシュレイマディソンがどんなサイトかと言えば、一言でいえば、不輪サイトです。
ですから、不輪希望の人達がたくさん集まっているのです。
何しろ、そのキャッチフレーズが「一生の中で一回は不輪をしてみましよう!」という刺激的なものというから驚かれる方もいらっしゃることでしょう。

でも、確かに一回は不輪をしてみなければ、不輪の良さも悪い点も、知ることができないとは思いませんか?
どんなに愛している相手がいたとしてもセックスで大満足しているという人はどれだけいるのでしょうか?
いくら愛していても、毎日、同じ相手とだけ、同じようにセックスを繰り返す毎日だと、平凡なセックスライフになってしまいますよね。
セックスライフが平凡になってしまうと、日々の生活にも満足を覚えなくなり、やがては家庭内でパートナーにつらくあたってしまうような結果になってしまうかもしれません。
相手は決して悪くはないのに…

そういった夫婦間のトラブルは、セックスの問題が解決するだけで解決する可能性があるのです。
どんなに愛している相手でも、セックスの好みが違えば、相手に自分の欲求を強く主張することができないということもあるでしょう。
不輪サイトにはたくさんの人が登録しています。
ですから、セックスの嗜好が一致した人も、すぐに見つかることでしょう!
家庭内では実現することができなかった、刺激的なプレイが実現できれば、それまでいったい何を悩んでいたのか、きっと肩の荷が下りたように問題も解決するのではないでしょうか?